沿革
昭和37年(1962) 現・代表取締役会長の細川三郎が、
建設土木関連の仮設材、インサート、スペーサーなどの販売を開始
昭和50年(1975) サンコー物産株式会社を設立
サンコー物産株式会社京都営業所を開設(5月)
昭和51年(1976) 株式会社三門と販売提携を行い、PC工場などのPCインサートの販売を開始(2月)
昭和54年(1979) サンコー物産株式会社京都営業所を移転拡充し保管倉庫及び
工場用地として、350㎡を購入社屋新築(4月)
サンコー物産株式会社神戸営業所を開設(4月)
サンコー物産株式会社福岡営業所を開設(9月)
昭和56年(1981) 大阪市西区南堀江4丁目33-29に土地396㎡を取得
本社新社屋及び配送センターを新設(6月)
昭和57年(1982) サンコー物産株式会社東京営業所を開設(1月)
株式会社和歌山サンコーを大阪と和歌山に開設、タキロン㈱との合同出資会社(9月)
昭和59年(1984) サンコー物産株式会社和歌山工場を開設、主力商品の生産開始(2月)
昭和62年(1987) サンコー物産株式会社京都営業所は、名神高速道路拡幅工事のため350㎡を売却
南区に土地330㎡を取得社屋新築(8月)
サンコー物産株式会社別荘・研修センター用敷地、1561㎡を播磨
自然高原内に取得(9月)(兵庫県赤穂郡上群町高山字乙奥山1228)
昭和63年(1988) 別荘・研修センター播磨の郷を新築完成(4月)
平成元年(1989) 新規事業進出と社員福利厚生施設充実のため本社屋680㎡新築(5月)
(社員教育の一環として華道・茶道・小体育館施設完備)
サンコー物産株式会社東大阪営業所を開設(2月)
サンコー物産株式会社和歌山工場を主力商品業績向上のため、528㎡工場用地取得、新設自動機導入で合理化一貫作業ライン完成(12月)
平成 3年(1991) 建設外構工事部門設立、受注開始(8月)
平成 4年(1992) ホームセンター部門設立、近畿一円の販売網確立(9月)
平成 7年(1995) 神戸市兵庫区に用地155.44㎡を取得
サンコー物産株式会社神戸営業所を新築移転充実(6月)
平成10年(1998) 当社の売上先を金物店・建材店・HCへと移行開始(4月)
平成11年(1999) サンコー物産株式会社東大阪営業所事業拡張のため現住所に移転(11月)
平成13年(2001) 建設・土木・仮設資材及び産業資材の貿易事業を開始
平成16年(2004) 貿易事業強化のため青島事務所(中国)を開設(9月)
平成19年(2007) サンコー物産株式会社名古屋営業所を開設(1月)
生産性向上の為、東大阪営業所を本社へ集約(10月)
平成20年(2008) 3S活動導入(4月~)
㈱和歌山サンコーを休止、和歌山営業所としてサンコー物産へ統合(10月)
平成21年(2009) 生産性向上の為、神戸営業所を本社へ集約(10月)
生産性向上の為、京都営業所を本社へ集約(11月)
平成22年(2010) 教育研修プログラム開始(3月~)
平成23年(2011) BCP策定・正式運用開始(9月~)
平成24年(2012) 理念体系の再構築
平成25年(2013) 自立研究委員会の創設(1月)
平成26年(2014) 新販売管理システム導入(4月)
社歌の制定(1月)
平成27年(2015) 消火栓設備の設置(3月)
創立40周年事業の実施(10月)
平成28年(2016) リフォーム事業部設立(7月)